ごきげんよう、はぴです。

ダイエットは食事の改善が基本ですが、「食べる順番に気をつける」というのもいまや常識中の常識となっていますよね。

ただ、巷では「食べ順ダイエットは効果ない」「食べ順に気を付けてるのに痩せない!嘘っぱちじゃん」という声もちらほらあるようです。

私の場合はこれでだいぶ少食になったので効果が実感出来ない人がいるのが不思議ですが、調べてみたら、どうやらそれなりの理由もあるようです。

そこで、今回の記事では、「食べ順ダイエットの基本的なやり方」「食べ順ダイエットで痩せるメカニズム」「食べ順ダイエットで痩せない人の理由」をまとめてみましたよ。

<スポンサーリンク>

食べ順ダイエットの基本的なやり方

ダイエット

食べ順ダイエットは非常に簡単で、以下の流れで食事をするだけです。

野菜⇒たんぱく質⇒炭水化物

もう少し細かく分けると以下のようになります。

汁物⇒野菜・食物繊維⇒たんぱく質(肉・魚・たまご)⇒炭水化物(米・パン・パスタ)

最初に野菜やたんぱく質である程度お腹を満たすことで、炭水化物の摂取量を少なくしていきます。

食べ順ダイエットで痩せるメカニズム

ダイエット方法

なぜ食べる順番を気をつけるだけでダイエットに役立つのかというと、以下の4つのメリットがあるからだそうですよ。

・血糖値の上昇が緩やかになる
・食べ過ぎを防げる(主に炭水化物)
・栄養バランスが整う
・ストレスフリー

ひとつずつ分かりやすく説明していきますね。

血糖値の上昇が緩やかになる

食物繊維を多く含む野菜類をまずはじめに食べることで、血糖値の上昇が穏やかになります。血糖値の上昇が緩やかになると、インスリン(肥満ホルモン)の分泌が抑制されるので、食べたものが脂肪に変わりにくくなりますよ。

食べ過ぎを防げる(主に炭水化物)

炭水化物は糖質であり、糖質を沢山とると、血糖値が急上昇してしまいます。なので、炭水化物を出来るだけ少なくすることで、血糖値の上昇とインスリン分泌を抑えて、肥満化を予防することが出来ますよ。

栄養バランスが整う

栄養のバランスが整うと、当然ですが健康になりますよね。体中に栄養素が行き渡るので、デブ時代と比べて、疲れにくくなったり、風邪をひきにくくなりました。あと、お肌の調子も良くなりますよ。

それから、これは、結構重要なことですが、体臭がすっかり変わりました。恥を忍んで告白しますが、糖質過多のデブ時代は、自分でも分かるくらい変なニオイを出していました(苦笑) でも、きちんとした食事をするようになってからは非常にイイ感じですよ。多分、許容レベルに落ち着いてます。

(関連記事⇒自分の臭いを知る方法)

ストレスフリー

やみくもに食事を制限すると、食べられないストレスが、後に過食衝動を引き起こし、暴飲暴食モンスターになってしまう可能性があります。

でも、このダイエットならば、食べてはいけないものがあるわけでもなく、過剰なカロリー制限をするものでもないので、ストレスはほぼ感じることがないですよね。食べる順番を守って食事をすればいいだけだし、余分なお金もツラい運動も必要ないので、ストレスフリーの楽チンダイエットだと言えます。

食べ順ダイエットで痩せない人の理由

食べ順を実践しても痩せない人の場合は、主に以下のような理由があるようです。

・食べるスピードが早い
・炭水化物の摂取量が多い
・一品料理ばかり食べている

ひとつずつ解説していきますね。

食べるスピードが早い

満腹中枢が刺激される前に食べすぎてしまうというケースですね。食べるスピードが早ければ早いほど、量も沢山食べてしまうことになります。

対処法としては、「何度もよく噛んで、ゆっくりと味わって食べる」ことですね。そうすると、脳からの満腹のサインを受け取りやすくなります。あとは、極度の空腹状態を作らないことも重要です。食べる前に水分でお腹を膨らませておくのも良いですね。

炭水化物の摂取量が多い

食べ順を守っていたとしても、野菜やたんぱく質の摂取量が少ないと満腹感が得にくいですよね。野菜やタンパク質でお腹がいっぱいになる前に炭水化物を食べはじめてしまうと、必要以上に沢山食べてしまうこともあります。

食べ順ダイエットのキモは「炭水化物(糖質)の量を減らす」ことにあるので、出来るだけ、カロリーの少ない野菜やたんぱく質で満足感を得ることが大切です。

一品料理ばかり食べている

上記の炭水化物の摂取量の話ともかぶりますが、食べ順が実践しにくく、かつ、糖質の多いメニューだと、当然のことながら、効果は出ませんよね。

「カレーライス・パスタ・うどん・そば・ラーメン・焼きそば」など、炭水化物に偏った一品料理は、食べ順ダイエットには向いていません。食べ順を実践するならば、栄養バランスの整っている「和食」がベストです。

<スポンサーリンク>

私が食べ順ダイエットで少食になって良かったこと

私はデブ時代は非常に偏食でした。でも食べ順ダイエットを知って、ヘルシーな和食中心の食事をするようになってから、色々と良いことがありましたよ。

主に良かった事は以下の4つです。

・体重が減った
・食べ物の味が分かるようになった
・少量の食事でも満足出来るようになった
・心身ともに健康になった

順に解説していきますね。

体重が減った

やはり、普段食べすぎている人の場合には、単純に食べる量が減るので、それに比例してウェイトダウンもします。

炭水化物が大好きで、糖質過多タイプのデブの人ほど、早い効果が期待出来ると思いますよ。

ちなみに、私は大幅減量に成功した時は、別のダイエット方法との併用をしていましたが、今でもこの食べ順ダイエットを続けているので、ウェイトコントロールに役立ってますよ。

食べ物の味が分かるようになった

よく噛んで、ゆっくりと食事を楽しむようになったので、野菜の美味しさが分かるようになりました。

おいしいと感じると、自然と野菜の摂取量が増えるので、ビタミン・ミネラルも足りてきて、非常にヘルシーですよね。お肌のコンディションも良くなりましたよ。

少量の食事でも満足出来るようになった

満腹感をきちんと感じることが出来るようになったので、無駄に食べ過ぎることがなくなりましたよ。デブ時代は、舌が食べ物の美味しさを感じなくなっても、食べるのをやめることが出来なかったので、ちょっと考えられない位の量を食べてました。今では、少量でも、食事をきちんと味わって楽しむことが出来ています。

心身ともに健康になった

偏食デブ時代は、ちょっとのことでキレることが多かったですが、栄養バランスが整ったせいか、以前と比べてだいぶ穏やかになりました。

糖質過多で糖依存状態の人の場合、「甘いものを食べて血糖値が上がっている時にはハイテンションでいられるけれど、血糖値が下がると怒りの感情が引き起こされることもある」と言われています。

自分自身を振り返ってみると、まさにコレだったような気がするんですよね~。

血糖値の乱高下により感情が支配されるって怖いですよね。

このことを知ってからは、出来るだけ栄養バランスに気を配り、血糖値の急上昇を抑制する低GI食品を摂るように心掛けていますよ。

補足・まとめ

「身体は凄くスリムになったけれど、性格は丸くなったね」と、私が周りから言われるようになったのは、割と食事の順番と食事内容が関係しているように感じています。

もちろん、「大幅減量で痩せて綺麗になったから自分に自信がついた」というのもありますけどね。(←「綺麗」とあえて自分で言いますw)

でも、それ以上に、ダイエット成功後も食事内容にはそこそこ気をつけているからかなぁ。

もちろん、ガチガチにストイックなことはしていないし、お菓子だって時々は食べるけれど、以前ほど無茶な食べ方はしなくなりましたよ。

とりあえず、食べる順番ダイエットは、心身の健康に役立っているので割とオススメです♪

(関連記事⇒デブが食べ過ぎを防ぐ方法
(関連記事⇒デブが空腹をコントロールした方法

<スポンサーリンク>

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

関連記事

管理人プロフィール


名前:はぴ
性別:女性
身長:167cm
体重:ブログ記事内に記載★
属性:元デブ
デブ歴の詳細

医師監修★即効ラクやせエステ



★自宅でラクやせエステ★

ページ上部へ戻る