わき汗が臭う理由【汗のニオイの原因と対策】

ごきげんよう、はぴです。

デブだと汗のニオイが気になりますよね。特に脇汗とか。

私も、デブ時代に体臭のヤバさを指摘されて以来、痩せることと並行して、デオドラント対策もちょっと頑張りました。

といっても、難しいことは何もしていないです。

汗が臭うメカニズムについて理解した上で、有効だと思われる対策をとっただけでかなり改善されましたよ。

そこで、今回の記事では、「汗が臭う原因とその対策」についてざっくりとまとめてみました。参考になる部分があればうれしいです。

<スポンサーリンク>

汗の成分・汗腺・ニオイの原因について

汗ってそもそも何なの?成分は?

汗=皮膚の汗腺から分泌する液体のこと

汗の成分の殆どは水です。

汗はどこからやってくる?

汗は、エクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類の汗腺から分泌されます。

・エクリン汗腺…全身に分布
・アポクリン汗腺…ワキ・陰部・耳など

エクリン腺は、体温調節のために機能します。アポクリン腺は元々はフェロモンを出すものでしたが、現在においてはその機能は退化し、体温調節のために機能しています。

良い汗・悪い汗の違いは?

良い汗…エクリン汗腺から出る汗。99%が水。サラサラ。無臭。塩分を含んでいるので酸性。皮膚の常在菌の繁殖を抑制。

良い汗は蒸発しやすく表皮に残りにくいので、時間が経過しても嫌なニオイがしません。

悪い汗…アポクリン汗腺から出る汗。70~80%が水。残りはたんぱく質、脂質等のミネラル分。ベタベタorネバネバ。アルカリ性。皮膚の常在菌が繁殖を活性化。

悪い汗は蒸発しにくく表皮に残るので、時間の経過と共に嫌なニオイを発生させることになります。

汗が臭う原因は?

アポクリン汗腺から出る汗は脂質・たんぱく質・鉄分・尿素・アンモニア等のミネラル分や栄養素を含みます。これらにより皮膚表面がアルカリ性になり、皮膚の常在菌が繁殖します。

デブの汗が特にヤバイ理由は?

汗のニオイがキツい人は、普通体型でも痩せ型の人でもいますが、特に、デブの場合の方がニオイはきつくなりやすい傾向があるようですよ。

その理由は主に以下の2つです。

・汗腺機能の衰えにより、汗に栄養素が混じる
・ベタベタで悪い汗の量が多く雑菌が繁殖しやすい

運動でかく汗はほとんどが水で無臭のサラサラした汗ですが、汗腺機能が衰えている場合には、栄養素やミネラル分の混じったベタベタ&ネバネバした汗をかきます。栄養素の含まれる汗を皮膚の細菌が分解しますが、その時に発生するニオイが独特の臭気を放つのです。なので、「ベタベタ汗をかきやすいデブはクサイ」ということになります。

また、太っている場合は、皮下脂肪が多いので熱を放出しにくいので、体温があがりやすく汗をかきやすいです。特にデブの男性だと「汗っかき」の場合が多いですよね。ベタベタした汗をたくさんかけば、それだけ皮膚上で細菌が繁殖することになるので、ニオイが非常にキツくななりがちです。

なので、デブの人は普通の人よりも特に対策に力を入れる必要がありますね。

今すぐ出来る対策について

体質改善(食生活・運動・お風呂)

<食生活>
栄養過多だったり代謝不全だと血液中の栄養素が、汗腺で濾過されず、汗と一緒に排出されてしまいます。特に、脂質を摂りすぎると、血液中の脂質が増えて汗腺から排出される量も多くなってしまいます。皮脂は酸化すると匂いが強くなるので注意が必要です。

食事では脂質の多い揚げ物や肉類を控えたり、おやつもジャンクフードやスナック菓子を控えるようにすると良いすね。

<運動>
運動不足や、そもそも運動嫌いの人だと汗をかく機会が少ない。また、現代人はクーラーなどの冷房により、夏でも汗をあまりかかなくなり、汗腺が衰えている。

汗腺が正常に機能している場合の発汗サイクルは、「体温が上がる⇒血液中の水分とミネラル分が汗腺に入る⇒身体に必要なミネラル分は血液中に戻る⇒水分と少量の塩分が汗として排出される」という流れになります。

汗腺が衰えてしまっていると、この発汗サイクルが機能せず、ミネラル分が血液中に戻らずに汗と共に排出されてしまいます。

ベタベタの悪い汗はニオイの原因になるので、良い汗に変えていくために汗腺トレーニングといわれるものをして、正常に機能する汗腺を増やしていく必要があります。

心拍数が上がるレベルの運動をすることで、きちんと汗を身体から出すようにすると良いですよ。定期的に運動をするのが体質改善に有効です。

<お風呂>
「忙しい」、「運動が苦手」、その他もろもろの理由で運動が出来ない場合は、「お風呂でゆっくり温まる」のが効果的です。

シャワーで済ますのではなく、湯船にじっくりと浸かることで、汗をきちんと出すことが出来るようになります。また、体内に溜め込んだ老廃物も汗と一緒にだすことでデトックスにもなるので、健康のためにも良いですね。

重曹スプレー・ミョウバンスプレー

重曹かミョウバンを水で溶かしたものをワキにスプレーするだけで消臭効果があると言われています。

ワキ汗対策用としてはミョウバンスプレーの方がメジャーですが、細菌では、重曹スプレーも殺菌力や消臭力に優れていると評判ですよ。

どちらも消臭スプレーとして普通に市販されていますが、自作も出来ます。

(関連記事⇒ワキ用消臭スプレーの作り方)

マメに洗濯する

服や下着は一度着たら毎日洗濯するのは基本ですが、意外と盲点なのが「寝具」です。

人間は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくと言われています。ということは、枕カバー・ベッドカバー・掛け布団カバー・シーツ等々、寝具が雑菌の温床となっているということですね。

特に、デブの場合は通常人より汗かきであることが多いので、定期的に寝具を洗って雑菌の繁殖を防ぐ必要があります。

古い服は捨てる

これも意外と盲点ですが、「身体ではなく服の方がにおっている」というケースも多いです。洗い上がって乾いた服は、洗剤のほのかな香りがするのが通常ですよね。

でも、「イマイチ服のニオイが綺麗に落ちていない」とか、「カビっぽいニオイがする」とか、「あれ?洗剤入れ忘た?」と感じたことがあるのであれば、その服は確実に雑菌が棲みついて繁殖しています。

ワキの部分が黄色っぽくなっているならば、間違いなくワキガだそうなので、そういった服は変色していることにに気付いた時点で捨てた方が良いですね。

変色するようなレベルではなくても、洗濯ではニオイが落ちていない服は、全て処分した方が賢明です。

今はオシャレで安い服が沢山売っているので、汗のニオイを改善する対策中は、ワンシーズン着たらどんどん捨てる勢いくらいで丁度良いのかもしれません。

とにかく「清潔第一」を心がけると良いでしょう。

<スポンサーリンク>

なかなか改善しない場合について

上記のことを全てやってもあまり改善されている実感が無い場合には、デオドラントアイテムに頼るのもアリですよね。

仕事や学校で日中のほとんどをを家以外で過ごすライフスタイルを送っている場合には、円滑な社会生活を送るためにもやはり早く改善したいものです。

体質改善の努力と並行して、「制汗剤」「消臭石鹸」も活用すると良いでしょう。

制汗剤

制汗剤には主に以下のような作用のある成分が含まれています。

・殺菌
・発汗抑制
・消臭

汗は常在菌が栄養素を分解するときにもニオイが発生しますが、汗ジミが付いた服をそのまま放置するだけでも時間の経過と共ににおってきます。

ニオイの原因となる悪い汗の発汗を抑え、皮膚に繁殖した雑菌を殺菌・消臭する効果のある制汗剤は非常に有効です。

その他、汗を拭き取るためのウェットシートタイプも活用するのも良いですね。

ニオイのレベルが強い人の場合には、シートで汗を拭き取った上で、こまめに制汗剤を塗り直すと安心ですね。

(関連記事⇒制汗剤おすすめランキング)

デオドラント石鹸

デオドラント専用の石鹸には、以下のような作用のある成分が含まれています。

・殺菌
・消臭
・酸化抑制

制汗剤の作用とほぼ同様ですね。

酸化抑制作用というのは、加齢臭の原因となるノネナール対策となります。皮脂から分泌される脂肪酸が酸化され、ノネナールが発生するので、抗酸化作用のある成分も特に40代以上の方には重要になります。

デオドラント石鹸は殺菌力と消臭力に優れているので、特にニオイのレベルが強い方は制汗剤と併用して使うと安心感がありますよね。

但し、注意が必要なのは、洗いすぎると皮膚の善玉菌が減り、黄色ブドウ球菌などの有害菌が増えてしまい、かえって悪臭を発生させてしまう原因になるとのことです。

アポクリン汗腺の多いワキ・陰部など、部分的に軽く洗えば十分だそうですよ。

(関連記事⇒デオトラント石鹸のおすすめランキング)

重度のワキガの場合について

食生活を改善し、運動で汗腺トレーニングをし、デオドラントソープをつかい、制汗剤も使っているのにいっこうに改善しないという場合には、汗による汗臭さではなく、ワキガ体質の可能性があります。

その場合には手術という選択肢も考えてみると良いですね。

ワキガの治療は、外科的手術により、アポクリン汗腺の数を減らしたり、剪定除去する方法があります。

手術をするとのニオイのレベルがかなり抑えられるので、その後のデオドラントケアが非常に楽になるそうですよ。

手術が必要なレベルの腋臭の人はそれほど多くはないでしょうけれど、選択肢のひとつとして頭の片隅にいれておくと、精神的にも安心できますね。

<スポンサーリンク>

補足・まとめ

汗のニオイを改善するためには、アポクリン汗腺から出る汗の質を変え、アポクリン汗腺から出る汗の量も抑えていくことが大切になります。

そのためには、まずは食事と運動で体質を改善していくのが最も良い方法となります。

つまりは、ダイエットと一緒ですね。

「デブはクサい」といわれるのは、偏見でも思い込みでもなんでもなくて、本当にクサい場合が多いんです。糖質・脂質に偏った食事が太った不健康な身体をつくり、不健康なから身体から、栄養素の混じった汗が出され、不健康な身体の表面で雑菌が繁殖しているわけですから、考えてみると恐ろしいですよね。

デブと悪臭のダブルパンチですよ!!

でも、食事と運動に気をつければ、ダイエットとデオドラント対策の両方を兼ねることが出来て、一石二鳥♪

身体の内側から分泌される物質がニオイの原因となっているので、出来るだけ体内の状態を健康的に保って良い汗をかくようにすると体臭も弱まるはずです。

まずは、食事と運動にで内側から綺麗になって、デオドラントアイテムは外側からの対策として補助的に使っていくのがオススメですよ。

(関連記事⇒デブがクサイ理由と改善策

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

関連記事

管理人プロフィール


名前:はぴ
性別:女性
身長:167cm
体重:ブログ記事内に記載★
属性:元デブ
デブ歴の詳細

医師監修★即効ラクやせエステ



★自宅でラクやせエステ★

ページ上部へ戻る