過激なダイエット方法!無理は禁物【閲覧注意】

ごきげんよう、はぴです。

「今すぐ痩せたい!すぐ痩せたい!!」
「どんな手を使ってでも痩せたい!!!」
「健康に悪い?そんなの関係ねぇ~!!」

みたいな状況の方だと、身体に明らかに悪いダイエットに手を出してしまう方もいるみたいですね。

過激であるが故にあまり表には出てこないダイエットの方法をネットから探し出してみましたよ。

もちろん、実践を推奨しているわけではないです。怖いものみたさで、興味のある方はチェックしてみて下さいませ。

過激なダイエットの方法

食べないダイエット(飲み物だけダイエット)

ジュース(飲み物だけダイエット)
【方法】

・固形物は一切口にせず、水・お茶・無糖炭酸水・ゼロカロリードリンク等で水分のみを摂取する
・より穏健な方法だと、ジュースや豆乳、ココア等、カロリーのある飲み物でもOK

【ひとこと】
現代人は食べ過ぎなので、週末断食みたいに1~2日程度の短期間ならば、胃をカラにするのはアリですよね。ノンカロリードリンクの場合は、週末デトックスとしてやれば健康に良さそうな気も……。

ただ、某掲示板等での書き込みを見た感じでは、数週間~数ヶ月の長期間で継続する人が多い印象かな~。家に居られる人の場合は「体力温存の為に出来るだけ寝ている」のだとか。会社勤めをしている人でこのダイエットを実践した人は、途中で倒れて救急車で運ばれたケースもあるようです……。

生活強度にもよるのだろうけど、ノンカロリー飲料で3日以上やるのは、かなりの「過激ダイエット」の部類に入ると思いましたよ。

3食置き換えダイエット

置き換えダイエット
【方法】

・ダイエットドリンク(ダイエットフード)を使用
・3食全て置き換える

【ひとこと】
ダイエット食は、だいたい1日1~2食の置き換えが推奨されています。置き換えドリンク等は、栄養バランスを考えて成分を配合しているので、3食全てを置き換えたとしても「何も食べないダイエット」よりはまだ過激度は低いかも。

ただ、たんぱく質が配合されていないタイプの物はカロリーが低いのが魅力的だけれど、栄養バランスが悪いので要注意ですよね。代替食はあくまでも栄養補助食品。基本的には、栄養素は自然の食品から摂るのが1番安全だし健康的ですよね。最低でも1食は普通食にした方が健康の為にいいのではないかなぁ。

サプリダイエット

サプリダイエット
【方法】

・「食欲抑制サプリ」を飲む
・海外でしか買えない商品なので、個人輸入代行業者から入手する

【ひとこと】
処方箋なしで買える海外サプリも一部のダイエッターには人気のようですね。でも、海外の物だと成分的にちょっと不安がありますよね。海外サプリでの死亡事例もあるので。日本では認可されていなというところが既に危険な気がします。

難消化性デキストリンダイエット

難消化性デキストリン ダイエット

【方法】

・難消化性デキストリン入りの食品を主食にする

【ひとこと】
難消化性デキストリンは天然素材であり、かつトクホの成分としても認められています。なので、それ自体は危険なものではないんですよね。でも、その成分だけを中心に摂るというのは下剤の乱用に近いものがるような……。食物繊維が不足している人や、便秘気味の人が、時々摂取するのであれば効果的でしょうが、摂り過ぎは下痢や腹痛を引き起こすと言われていますよね。体質によっては結構危険な気がします。

睡眠薬ダイエット

【方法】

・帰宅後、軽い睡眠薬を飲む
・早く寝ることで夕食を抜く

【ひとこと】
この発想は無かった~~~!斬新過ぎてビックリです。確かに眠ってしまえば食べずに済むし、食事を我慢したというストレスもなさそうではありますが……。睡眠薬って軽ければ大丈夫なんですかね?飲んだことがないのでよくわからないです。

まとめ


モデルやタレントさんだと、仕事で痩せないといけない場合とか、学生さんで身体測定を控えている場合に、一時的にでもいいから体重を減らしたいという人も多いようです。

普通体型or美容体型の人が「短期間で2~3kg程度減らしたい」というのであれば、ちょっと節食すれば出来そうですけど、巨デブの人が「短期間で数十キロ落とす」というのは命を含めて明らかに危険ですよね。

明らかに自然に反することや、不健康な方法だと、身体に負担がかかる上に、リバウンドもしやすくなります。

やはり、健康的な方法で、着実に痩せ、それを維持していくための努力をするというのがベスト♪

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

関連記事

管理人プロフィール


名前:はぴ
性別:女性
身長:167cm
体重:ブログ記事内に記載★
属性:元デブ
デブ歴の詳細

医師監修★即効ラクやせエステ



★自宅でラクやせエステ★

ページ上部へ戻る