太もものサイズの測り方【姿勢・位置・時間】

ごきげんよう、はぴです。

太もものサイズって、どこを測ればいいのか疑問ですよね。

脚の付け根の部分か、太ももの真ん中かでは、かなりの誤差が出ます。

今回の記事では、太もものサイズの正しい測り方を説明していきますね!

<スポンサーリンク>

太ももの測り方

測る位置を決める時の姿勢は?

全身が映る鏡の前に立ち、立ったまま測る位置を決めます。

測る場所・位置は?

太ももは、1番太いところで計測します。

ほとんどの人は、横においた手の中指の指先が当たる場所が、太ももの付け根の1番太い場所になるかと思いますよ。

数値で表すと、太もも付け根からおよそ3cmくらいの位置ですね。

この、最も太い位置が計測場所となります。

実際に測る姿勢は?

太ももサイズを実際に測る時には、身体を前傾してお辞儀をするような姿勢で行います。

この時、どちらか片方に体重をかけてしまうと、正しいサイズが計測出来ません。

両足に均等に体重がかかるようにまっすぐ立ってから、身体を倒して測るのがポイントです。

メジャーの巻き方は?

太ももの1番太い部分(付け根から3cm位の場所)に、メジャーを床と平行になるように巻きます。

肉がはみ出すほど強く巻いたり、締め付けたりするのではなく、太ももに自然にフィットするようにぴったりと巻きつけましょう。

どっちの脚を測ればいいの?

ほとんどの場合、右足と左足の太さは同じではありません。

なので、きちんと両足のサイズを測るようにしましょう。

左右の太ももサイズの違いをきちんと把握しておくと、身体の使い方のクセを知ったり、今後のダイエットやエクササイズに役立てることが出来ますよ。

測る時間帯は?

基本的にはいつでも大丈夫です。

ただ、ダイエットで太ももサイズの減少の推移を確かめる為に測る場合には、計測時間はいつでも一定にした方が、正確に把握しやすいですね。

ヒールを履いていたり、1日中立ち仕事をしている場合など、夕方以降は脚がむくみやすい人だったら、計測は朝の方がいいかもしれません。

あるいは、お風呂上がりや寝る前なども良いですね。

それぞれのライフスタイルに合わせて、毎日一定の時間で測るようにするのがオススメですよ♪

補足・まとめ

太もものサイズは、1番太いところで、一定の時間を決めて測ると正確な数値が把握出来ますよ。

意外と適当に測ってしまいがちな脚のサイズだけれど、ダイエット効果を確かめるには、出来るだけきちんと測ったほうが良いですよね。

太ももサイズの数値の変化は、ダイエット継続の励みにもなります♪

(関連記事⇒美脚とは何か?【定義・チェック方法】)
(関連記事⇒脚のサイズの黄金比率【太ももの魅力的な数値】)

<スポンサーリンク>

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

関連記事

管理人プロフィール


名前:はぴ
性別:女性
身長:167cm
体重:ブログ記事内に記載★
属性:元デブ
デブ歴の詳細

医師監修★即効ラクやせエステ



★自宅でラクやせエステ★

ページ上部へ戻る