【過激&危険】飴ダイエットの方法・効果・注意点【ダメ絶対】

【過激&危険】飴ダイエットの方法・効果・注意点

ごきげんよう、はぴです。

以前、「飴ダイエット」を紹介しましたが、そちらはいわゆる正統派(王道)のやり方のものでした。
(関連記事⇒正統派・飴ダイエットの方法)

今回、紹介するのは過激なやり方の「飴ダイエット」です。

実際に私が我流で編み出し、体験したことのあるものですが、はっきり言って健康面だけでなく色々と危険です!

くれぐれも、「絶対に真似しないで下さい」ね!

<スポンサーリンク>

過激な「飴ダイエット」とは

【過激&危険】飴ダイエットの方法・効果・注意点

定義

食事は一切摂らず、「飴だけを舐める」ダイエット方法です。

「正統派(王道の)飴ダイエット」は、「食前に飴を1粒なめ、血糖値のコントロールをして食事量を抑える」という非常に理にかなった方法でしたが、過激な「飴ダイエット」は、全ての食事を飴に置き換えるという、超危険きわまりなく、不健康で頭の悪い方法です。

痩せるメカニズム

総摂取カロリーをとことん抑えることで体重の減少を狙います。(「飴なら好きなだけ食べて良い」ということにしても、普通の人ならばそれほど食べられる訳はなく、カロリーだけを考慮するならばかなり抑えることは可能です)

また、ダイエットでは、通常、甘いものを控える方法をとりますが、敢えて甘い飴しか食べないことで、甘いもの好きの人の脳内ストレスを減らすことを目的としています。(飴の糖分によりにより血糖値が上がった状態が維持出来るので、空腹感を抑えることも可能になります)

過激な「飴ダイエット」の方法・効果・注意点

【過激&危険】飴ダイエットの方法・効果・注意点

方法

・飴を食事代わりに舐める
・好きなだけ飴を食べて良い

「好きなだけ食べていい」と言われても、そんなにたくさんは食べられないですよね。よっぽど甘いものが好きな場合でも、「砂糖の塊である飴だけを大量に食べようとは思わない」はずなので、摂取カロリーはかなり抑えられると思います。

効果

・総摂取カロリーが減るので体重も減少する

恐らく、数日やれば体重は減るはずです。でも、糖質しか摂っていないので栄養面には全く期待出来ません。また、常に口の中に糖分があることになるので、歯の健康面から言えば最悪です。

注意点のまとめ

・水分をきちんと摂る
・短期間でやめる
・絶対に無理はしない
・デンタルケアを入念にする

一応、注意点をあげましたが、実践することはオススメ出来ません。非常に不健康なのでやらない方がイイです。

過激な「飴ダイエット」の体験談

私の実際の体験談です。実践したのは短期間ですが、非常に不健康なやり方なので決してマネをしないで下さいね。興味本位で一読する程度で宜しくお願いしますm(__)m

過激な飴ダイエットの体験談

<スポンサーリンク>

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

関連記事

管理人プロフィール


名前:はぴ
性別:女性
身長:167cm
体重:ブログ記事内に記載★
属性:元デブ
デブ歴の詳細

医師監修★即効ラクやせエステ



★自宅でラクやせエステ★

ページ上部へ戻る